2005年01月30日

オペラ座の怪人

映画「オペラ座の怪人」を見た。
何だか意味がわからなかった。とても歴史のある名作なのはわかるが途中まではわかりやすい話で楽しかったのに最後が意味不明。ヒロインの女が馬鹿にしかみえないような行動をしていた。いや馬鹿というより単に意味不明なだけか。
あと金持ちのかっこいい若者が出てきたのだがなぜか最後になって命乞いなのかその逆なのかとてもわかりにくいセリフというか歌だった。全編ミュージカル仕立てなので余計にわかりにくかったのかもしれない。
あと、何となく映像がチープというか豪華なのだけどチープというような何とも意味のわからない感じだったのが印象的であった。
でも映画終了後に制作がGAGA-HUMAXであることを思い出して納得。
何だかビジュアル系バンドのプロモーションビデオみたいな映画をたくさん作っている会社である。まあクオリティは全然違うけど。
要するに世界観というか根性というか気質がビジュアル系っぽい。ゴスロリっぽい人がたくさん出てきそうな雰囲気の映画。ビジュアル系っぽい人の歌詞と音楽の雰囲気を映像で完全に再現するとあんな感じになるんだろうという雰囲気。まあ昨日見たやつ以外はCMしか見たことないんだけどさ。
しかし会社で映画を判断するのもどうかと思うが、会社名を知ったとき全ての疑問に解答が示された感じでとてもすっきりした。何で今オペラ座の怪人なのか、みたいな事も。
映像、音声全体的にコンセプトアルバムみたいな出来栄え。コンセプトアルバムを映画のように作るのはわかるが、逆だろう。コンセプトアルバムのような映画。
posted by 石田マギー at 08:53| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

賀詞交換会

Go smokingという、煙草に関するとても楽しいサイトがあるのだが、そのスタンスに共鳴した人で構成される会があり、僕も会員なわけである。喫煙者同盟みたいなものといえばわかりやすい。
その賀詞交換会というものに、昨日行って来た。
結構社会人の方が多く、というか学生は僕だけだったようだ。いろんな煙草も用意されており、吸い放題だったのだが全部新しい箱で思わずちょっと遠慮してしまった。
もっとあつかましく全部の煙草の封を切って一本ずつ吸うぐらいのことをしておけばよかったとやや後悔している。
会自体は終始和やかなムードで楽しく過ぎていった。煙草を吸いながらのテーブルトークという形式であった。飲み物、食べ物も本部の方が用意してくださった。とても楽しかった。
posted by 石田マギー at 11:06| Comment(6) | TrackBack(0) | アイドルだけど煙草は吸う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

邦題はライブインジャパン

ここ二日ほど電車の中でずっとDeep Purpleの「Made In Japan」というアルバムを聴いていた。
ロックのライブアルバムとして最高傑作ともいえる素晴らしいアルバムである。いやまじで。
少なくともこれに匹敵するライブ盤を聴いたことはない、と誰かも言っていた。僕も聞いたことがない。
もう好みの問題とかを超えたレベルである。5人のすごいミュージシャンがテクニックをぶつけ合うだけのアルバム。曲はシンプル極まりないのだが、むやみやたらと長時間繰り広げられるソロは、一瞬の油断も許さない驚異的な演奏の嵐である。
様式美というものになる一歩前にいるように思えるリッチー・ブラックモアの壮絶な、時におどけたフレーズの連続と、クールでスピード感あふれるジョン・ロードのオルガンのぶつかり合い。イアン・ギランのシャウトもすごい。イアン・ペイスのドラムも軽快かつパワフルに叩きまくっている。ロジャー・グローヴァーはあまり目立たない。
posted by 石田マギー at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルは音楽も聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

トラックバックがひどい事になってきてますが

昨日はアウンコンサルティングという会社の説明会に行った。
まあ説明会と言っても選考会である。会社の説明を聞いたあと、交流会といって学生10、社員1で一つのテーブルを形成し、質問などをしていくという形式のイベントがあった。要するに集団面接。
で、僕はその社員のすぐとなりの席になってしまったのである。しょうもない質問ばっかしてしまった。間違いなく落ちたと思う。SEOといって顧客のサイトを検索エンジン上位に表示させるためにhtmlを書き直すのが仕事の会社である。それと広告代を払ってヤフー検索のスポンサーサイトとして表示させたりする仕事。Googleだと横に出るやつ。

社員の人は封筒か何かを下敷きに、テーブルの上におくのではなく自分だけに見えるようにしてテーブルの絵の描かれた紙をもっており、それに学生の名前を記入していた。隣だから見えたのである。
で、一人いい質問をした人がいた。うまいなあと思ったわけだ。何かこう、やる気マンマン的な質問。入社する気マンマンの感じの質問だ。自己アピール完璧。
おお、いい質問だと思ってるとその人の名前の横に○をつけてるのが見えた。なるほど選考会である。
で、なぜかしばらくしたあと僕の名前の横に×がつけられた。業界批判みたいな質問ばっかしてたからか。あとクレームは来るのか、とか下らない質問ばかり。

落とされたっぽいのでとても癪なので、Yahooで「うんこ」と検索したらアウンコンサルティングが出てくるということをここに書いておく。さすがSEOの会社といったところである。
posted by 石田マギー at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

ヘルタースケーター

フジテレビの「すぽると!」で国分太一が女子フィギュアスケートのいろんな選手のところに行って練習を見たりインタビューをしたりプライベートな側面を垣間見たりしていた。

で、安藤美姫選手のところにも取材に行っていたのだが、国分、終始タメ口。いやいいんだけどさ。年上だし。でもまあテレビの中でそんなにフランクな関係性が成立してるわけではないのでとても違和感があった。これは安藤選手を取材してるときに限らず全編通してこんな感じだったけども。

で、安藤選手が行きつけだというお好み焼き屋に行って一緒にお好み焼きを食べる国分と安藤。
今後の目標は?みたいな話になって、そのあとスポーツ番組お得意の「公約」をとりつけようとするのだが、その公約を果たしたら私物である宇宙服を着たスヌーピーのぬいぐるみを公約を果たしたときにプレゼントしようと国分は言い出す。

前から安藤選手が欲しがってたのかな、と思うとそうでもないらしい。やたらと「これは人類が初めて(だったか忘れたが)宇宙に行ったときに記念で発売されたものをものすごく探して手に入れた」などとそのスヌーピーの価値をアピールしていた。
でも安藤選手特にリアクションなし。別にスヌーピーが好きというわけでも何でもないようだ。「こんなに大事なものをあげるんだから一つ大きな公約を頼みますよ」的なことをいう国分。でも目の前に下がったニンジンには特に魅力がないという状況が何とも苦しい感じであった。公約もらうにしても何か他にいくらでも方法あったろうに。

安藤選手は「メダル獲得」を公約にしていたが、公約を果たしてスヌーピーをもらっても特にうれしそうにしなかったりしたら楽しいと思う。また国分激しくアピールするのか。「もっと喜んでよー」とか。
posted by 石田マギー at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルなのにテレビに出ない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

スパゲティ

スパゲティを食べた。明太子と岩のりのスパゲティというものを。

スパゲティに明太子の粒々とノリとシソの葉がからめてある、というだけのシンプルなものだったが890円。で、 他には生ハムのスパゲティというのがあって、そっちにしようかどうかとても迷った末明太子にしてしまった。

生ハムのスパゲティは990円。何か納得いかない。じゃあ最初から生ハムのにすればいいのだが、 それにしてもスパゲティって具の貧相なものが多いと思う。デンプンばっか。

これは米に例えるといろんな味の炒飯が食べられる店といえる。炒飯ばっかの店って客こなさそうだ。 でもそれがまかり通るのがスパゲティのイタリア風なところだと思う。こういうのにOLは弱いのだろう。 イタリア人がすごいもみあげや胸毛で情熱的に口説いたらそりゃ落ちるわ。スパゲティに喜んでる程度じゃ結果は見えている。 まあそんなイタリア人もOLも見たことないけど。

posted by 石田マギー at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

力士

今日、初めて生で力士を見た。生まれて初めてである。といっても誰かはわからない。

学校に行くときに、駅の階段を上がって外に出たところで駅に入っていくお相撲さんとすれちがった。何か顔が外人力士っぽかった気もする。 テレビで見る力士はとても大きいが、実際に見てみると、体格はいいものの背は同じ程度であった。まあ当たり前か。 何かこうテレビに出ている人はとても大きいような錯覚を持ってしまう。

子供の頃から見ている「大人」だからなのだろうけど。 プロ野球選手とかすっげえでかい気がしてるんだけど身長はそんなに変わらなかったりむしろ僕よりちいさかったりする人すらいる。

それにしても「お相撲さん」ってずいぶんな言い方である。みんなこうやって呼べばいいけど。「お野球さん」とか。ヒョードルは 「おサンボさん」。お遍路さんみたいである。お遍路さんもこの系統か。

posted by 石田マギー at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

夜になると眠くなる

このところ、毎日最低でも7時間半、多いときは9時間ほど寝ているのだが、起きている間ずっと眠い。何かの病気ではなかろうか。
と思ったけどここ一年ぐらいの間きっちり覚醒していた事って殆どないなと思った。
あと、そろそろ米が炊けただろうと思って炊飯器を空けたら水浸しになった米だけがあった。スイッチ押し忘れた。泣けてくる。でもこんな事ぐらいでは泣かないぞェ!鈴木蘭々
posted by 石田マギー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

たばこと自殺

喫煙本数が多いほど自殺の危険性が高まるらしい

中年男性を対象にした調査で、一日の喫煙本数が多い人ほど自殺の危険性が高いということがわかったらしい。
煙草のせいっていうよりこの凄まじい禁煙社会のせいじゃないのか。いまやファッショですらある禁煙ブーム。喫煙本数が多い人ほどそこから受けるストレスも大きいわけだ。ましてや中年男性。自分が若い頃はこんなに嫌煙派がうるさくなかったのに、もう社会なんてクソ食らえなどと反抗する元気もなくなった頃に嫌煙攻撃である。そりゃ死にたくもなるだろう。
posted by 石田マギー at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルだけど煙草は吸う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキ本屋

うちの最寄の繁華街である下北沢に、ビレッジ・バンガードというステキな本屋がある。
本屋といっても変な雑貨やCDなどもたくさん売っており楽しいことこの上ない。

で、今日は国木田独歩の「武蔵野」とオリヴァー・サックスの「火星の人類学者」という本を買ってきた。
何か他にいろいろなものを衝動買いしそうになったが耐え切った。鉄の意志で。
posted by 石田マギー at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取りで本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

オマンコマンコ

オレンジレンジを叩く祭というのがあるのを知り、(情報元:Trap School)ウキウキでページを見てみたら、パクリ告発サイトであった。
売れてるミュージシャンに対するパクリ告発って、昔っからよくある事で、というか「この曲とこの曲が似てる」みたいなサイトもあったはずだ。探すのがめんどくさいので探さないけど。
要するに単なるやっかみというか、オレンジレンジの嫌いな人たちが、それを叩くための材料を無理やり見つけてきてやってるとしか思えない。
パクリかそうでないかの境界線なんてかなりあいまいだし、何も考えず作ったら似てしまったということもよくある。というかヒップホップなんて全部同じ曲に聞こえるから僕からすればあれは最初にラップを作った人以外全員パクリということになってしまうんだが。ビジュアル系も。
まあそんな事はどうでもいい。オレンジレンジが嫌いならそんな小学生みたいな真似しないで、正面切って嫌いだと言えばいいじゃないか。それとも嫌いの原因が「パクリ」によるものなのか。それなら好きなだけ告発すればいいと思うけど。

僕はオレンジレンジに関しては、「上海ハニー」をテレビで見たのが最初で、そのあまりのウザさにこいつら一刻も早く死んでしまえばいいのに、と思った。
そしてヘイヘイヘイか何かで彼らの姿を実際に見たときその想いはさらに強まった。

何だあの薄っぺらを絵に描いたような連中は。曲から漂っていた薄っぺらオーラを裏付けるようなはまりっぷりに感動さえした。してないけど。

それからも次々リリースされる曲のプロモーションビデオや演奏してるところなどを、曲がヒットしているために見たくもないのに目にしてしまうわけだが、ああいう曲がヒットするってどの層が購入しているのか全くわからない。まあ若い人たちなんだろうけどさ。その若い人のなかのどういった生活スタイルを持った人にウケてるのか全く想像できない。
まあ生活スタイルなんていってもその殆どは「普通」な人たちなんだろうけど。

オレンジレンジはバカにしか受けないだろうなと思ったというか僕は「オレンジレンジのCD買った」とか「オレンジレンジっていいよね」と言った人がいたらバカだと思うことにしている。見たことないけど。何で見たことないのに売れてんだ。不思議だ。
普通の若い人があんな曲の入ったCDを買う世の中ってやばいぞ。
普通の人間がバカだって事じゃないか。もっとみんな「こいつらバカじゃねーの」と一蹴すると思ってたのに。上海ハニーが売れるのはまだいい。嫌いだけど。完全に一発屋だと思ったのに残りやがって。
あと20年後ぐらいに日本は滅びると思う。ジジイのようになってしまったけど。
posted by 石田マギー at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットアイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

センター試験

今頃受験生の皆さんはセンター試験を受けたり受けなかったりしているわけだと思うのだが、もうそんな季節かといったところである。
何だか今年は妙にセンター試験というものを遠くの世界の出来事のようには感じない気がする。自分の受験以来である。今受験しているわけではないからあの頃の感覚とは違うのだが、大学に入ってから去年までのセンター試験期間は単なる土日という感覚であった。今年は妙にセンター試験がリアルに感じられる。
というのも就職活動があるからだろうか。受験生といってもいい。
でも単に毎年同じようなことを思ってるが大したことじゃないので忘れてるだけかもしれない。
posted by 石田マギー at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

ボロ儲け商売

今日は年が明けて初めての実験であった。魚の肉片からDNAを取り出し、種類を当てるというもの。肉片を取り出せてる時点で種類わかってるだろう。頭悪い。
DNAとかえらそうなことを言ってはいるが、まあ几帳面な人であれば小学生でも実験を進めることは一応できるわけである。待ち時間が多い割に一つ一つの待ち時間が短くてあまり空き時間を有効(主に喫煙)に使うことができなかった。

で、その肉片を取り出した魚が大量に余るので残りを鍋でゆでてみんなで食べた。うまかった。
その間どうやって苦労せずに金を稼ぐことができるかという話をしていた。
宅建という資格を取ると不動産屋に名義を貸して小銭を稼ぐことができるらしい。という噂をクラスの人が聞いた程度でどれだけ確実な情報かはよくわからない。
他には同人誌をイベントで買い込んでイベントが開催されない地方の人に高値で売るとかいう方法もあるらしい。
あと僕は2,3年前に本気でエロサイトを運営して稼ごうと思っていたのだがクラスに同じことを考えている人がいた。でも結局やってないらしい。僕もやっていない。めんどくさいしなあ。

で、メス豚養成所というのを考えた。Mの女の人をたくさん連れてきて調教するのである。その調教はSの男がやる。どちらも喜んで調教し、調教されるであろう。
そして一人前のMあるいはSになったら、男はMで大金持ちのマダムに、女はSの金持ちオヤジに売るのである。人身売買は犯罪なので就職での契約金という名目にすればいい。男女のSとMを入れ替えてもいい。
という商売を思いついた。女がMだから男女差別的だとかそういうめんどくさいことはいわないでね。
posted by 石田マギー at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピース・アコースティック

毎日ロングピースを吸っている日々であったが、この間ショートピースを1カートン購入し、吸い終わる頃には両切り煙草の葉っぱも口に入らないほどに吸いなれたし、最初やや濃いと感じた煙にも慣れた。うまい。
で、またロングピースを1カートン吸ったのだが、気分転換にとピースのアコースティックという銘柄を1カートン購入。あと2箱ぐらいになったのだがいまだ慣れない。その味に。
わかりやすく言えばあまりおいしくないのである。あと煙も薄い。これが終わったらまたロングピースに戻そうと思う。薄い煙草はもうちょっと歳をとってからでいい。
posted by 石田マギー at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルだけど煙草は吸う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

プロジェクトXに縁のなさすぎる人生

あまりに眠くて昨日は夜の8時に就寝。さっき5時ごろに目覚めた。こんな時間に日記を書いているのは不健康な夜更かしではなく早寝早起きの結果である。ジジイか。
しかしまあ風呂にも入らず着替えもせずに寝たことによる熟睡度の低下を考えればまだ足りないぐらいであろう。実際夢をたくさん見た。夢日記
昨日はプロジェクトXで超地元であるJR六甲道駅の阪神大震災からの復興への道のりを描くはずだったのに、寝てしまっていて見れず。ケータイのアラームを鳴らしてはいたのだが気付かなかった。
それにしても僕はプロジェクトXを見たことがない。もう何年も前から話題になっているのにだ。いつ放送しているのかも知らないし、調べるほど気にかけているわけでもなく、NHKなんてめったにみないので偶然見てしまうみたいなこともなかった。今回の放送を知ったのも神戸に帰っていたときに偶然駅でその告知ポスターを見たからである。

そして初めての(もう「記念すべき」といってもいいかもしれない)プロジェクトXが、自分の最寄り駅である六甲道。実際に高架が落ちているのを目の当たりにし、当時受験のために通っていた塾へは電車がないために臨時のバスに乗ってそのあまりの人口密度と交通の混乱ぶりに嘔吐し、帰りはバスの停留所に50mの行列(50人ではない)ができているのを見て徒歩で帰った僕にはかなり感慨深い放送になるはずであった。でも寝てた。思えば震災のときも寝ていた。ありえないような揺れの中で、父と母が「アンタベッドゆすったらあかんやないの!」と言っている、という夢をみていたものだ。だからどうってわけでもないんだが。
posted by 石田マギー at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

成人の日だったわけですが

昨日、今日と全国津々浦々で新成人のための式典が行われているわけですが、と言っても今日のはこれからだけど。
毎年毎年成人式を荒らすというか暴れる輩が出てきて話題になるわけです。テレビに映ったりするわけだけど、もうみんな言ってるように、マスコミュニケーションなどが話題にするから毎年やる奴が出てくるわけだ。無視すればいいのに。しかしまあマスコミの方々もそれくらいの事はわかっていながら、彼らも商売ですから、結局無視したからって各地でのそういう人々がゼロになるわけではないし、まあわかってて報道している面もあるのだと思います。
で、彼らが、といってもその彼らを構成する人々は毎年入れ替わってるだが、彼らの主目的は目立つことなんだと思う。まあ仲間内で「やっちゃう?」みたいなことを言ってね、一番やっぱり相手にしているのはもともと近くにいる人々だと思うんですよ。
あとあとその友人達にこう「よくやったなあ」「すげえなあ」などと思われたり言われてみたい、それを話の種に酒を飲みたいというようなね。
だから主催者の人たちは式の途中に大声を上げたり壇上に上がろうとする人がいたら壇上に上げてしまえばいい。で、マイク渡して「はいどうぞ」と喋らせてみればいい。
どうせ馬鹿なんだからたいしたこと喋れないというか、何も考えてないだろうから何もいえないだろうし。あれを捕まえて追い出そうとするからまた「権力に反抗する俺」みたいな図式ができあがったり、式のあとに友人連中と「あいつらマジムカつくぜ」というような「世の中なんてクソ食らえ」的なね、そういうことによって俺はアウトローだぜとアピールしてかっこをつけたがるためのきっかけを与えてしまうわけだ。

だから例えば市とかの偉い人の講演中に騒ぎ出す人がいたら優しくたしなめてやればいい。「ちょっと待ってね、後で喋らせてあげるからね」と言ってみればいいのである。
社会なんてクソ食らえというような態度で登場しといて、言われるがままに市長の話が終わるのを待ってるというのも間抜けでいい。それも聞かないようならその場で壇上にあげてやればいいのだ。絶対喋れないから。喋れるようならそいつはすごいやつだろう。いつの間にか訳のわからない学生ボランティアみたいな人たちで結成した中での新成人代表の白々しいコメントよりもそいつがアドリブで話すことのほうが面白いはずである。

毎年そういう風にやってると、もう壇上にあげられたら何言ってやろうかとか考え出すと思いますよ。暴れる人たちも。
それはかなりの進歩であると思う。身内同士で俺ってアウトローだよなと変なアピールをし合ってるよりもたくさんの人の前でちゃんと喋るために考えてるほうがよっぽどためになるだろう。どうせ大したこといえないとわかれば暴れるのもやめるだろうし、非常に低いレベルでの自己満足によって「この話はいける」と確信して舞台に上がったとしても、後から考えてなんて幼稚なことを自分は言ったんだと思うに違いない。
恥ずかしいぞ。たくさんの人の前で自分の幼稚を晒す。
というかアウトロー的なかっこよさを求めてるはずがいつのまにか未成年の主張みたいな、まあ新成人だから未成年ではない確率が高いんだけど、そういう不良っぽさみたいなものとは正反対の、どちらかというとNHK的な場に立たされるとなったら騒ぐ気もしないんじゃないんだろうか。立派なことを言えば言うほどNHK的なダサさにはまり、何もいえなければ惨めになっていく。そういう状況を作ればいい。

そのために式次第もグダグダというかルーズに使える時間をたくさん設けて決めればいい。誰も暴れなかったら早く帰れていいし。


*タイトル間違い。成人の日「だった」んじゃなくて、今日が成人の日であった。
posted by 石田マギー at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

カンニング

お笑いコンビカンニングの中島さんが白血病で倒れたわけだが、これが竹山さんのほうでなくて本当によかった。いや倒れてよかったっていうわけじゃないんだが。竹山のキャラクターはいわゆる「切れ芸」であり、中島はそれをテンション低めでたしなめる方である。
これがもし竹山のほうが倒れていたら、復帰後にキレても笑うに笑えない。病気をネタにしてキレたりするともうどうしていいかわからなくなる。視聴者は。
いっぽう中島のほうは、目立ちまくる竹山のせいでと言っては何だが存在感が希薄であると捉えられがちであり、その容姿からもかなりかわいそうなことになっている。

復帰後はこのかわいそうな中島がさらにかわいそうに。そしてその横でキレまくる竹山。本当に逆でなくてよかった。当事者が聞いたら怒るだろうけど。

こういう40万人ぐらいは書いてそうなことも平気で書きます。アイドル気取りだからです。
posted by 石田マギー at 10:41| Comment(6) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おはようございます

さっき1時過ぎにおきた。寝たのは夕方の4時ごろ。非常によろしくない。生活サイクルが。昼寝て夜起きる生活がこの正月休みの間に染み付いてしまった。
で、事務の人に聞いてみたところ冬休みが昨日までだというので学校に行ってきた。今日は実験だけの予定だったのだが行ってみれば今日は講義開始ではあるけどうちの学科の実験は来週からということをたまたま授業受けに来ていた学科の人から教えられて帰ることになった。アホみたいであった。でがんばって4時まではおきてたのだが限界が来て寝てしまった。いまだまともな生活サイクルにはならず。
posted by 石田マギー at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

年をまたいでしまって非常に申し訳ない

うろんなページという4コマ漫画のサイトにリンクさせて頂いているのだが、このたびプロ漫画家としてのデビューが決まったそうで。といっても去年の話だけど。ヤングガンガンという雑誌で連載を開始されたようでございますよ。
で、何が言いたいかというと、おめでとうございます。あと、お祝いが遅れて申し訳ありません。

雑誌のほうも楽しく拝見させていただいた。サイトとは別のオリジナルな話なのだがいつも見ていたあの雰囲気は変わることなく、これがネットではなくて出版物として存在してるのかと思うと妙な高揚を覚えた。ミュージシャンが急に売れたときのインディーズ時代からのファンのような心境。いや実際インディーズ時代からのファンなんだが。Web漫画でもインディーズっていうのか。そのへんはよくわからないがそういった心境であった。
あとサイトの方の漫画も、面白さ、更新頻度ともに素晴らしすぎるので、プロとしてデビューするのも当然かと思った。日記でそういう話を見たときも大した驚きはなかった。とうとうきたか、という感じ。

というわけでおめでとうございます。このお祝いが届けば幸いです。リファラとかで。
posted by 石田マギー at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏原崇が会社員にパンチ

主演降板…柏原崇 会社員殴る

反町隆史や竹之内豊がもっと甚だしくもてはやされていた頃に同系統といっちゃあなんだが同じように高い人気を誇っていた(ような気がする)柏原崇さんであるが、最近めっきり見ないと思ったら車のトラブルで素人の人を殴ったらしい。そういう路線か。路線とかじゃないだろうけども。こういう話題になり方って悲しいな。もっとものすごい人気が出ているときのほうがまだ救われるかもしれない。いや人気が出てる時点で救われてるんだけど。
で、この不祥事がもとで主演予定だったドラマを降板することになるわけだが、そのドラマがWOWOW。人気絶頂でも無職状態でもなく、WOWOWの主演の話が来たときに不祥事。最近見ないと思ってたけどまたドラマ出るのか、と思わせといてWOWOW。まあ民放でも見ないんだけどさ。すごいオチだ。
posted by 石田マギー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットアイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。