2005年04月30日

ひとり汁ナイト

一日家にいた。今日は出かける予定があったのだが変更になったので。
元々は研究室のバーベキューがあり断っていたのだが、予定がキャンセルになった今、行ってみようかとも一瞬思ったけど昼過ぎに目覚めて非常に中途半端な時間になるのは目に見えていたのでやめた。

で、今日は一歩も家から出なかった。一食である。
うちは今食べ物が全然ない。米はあるがおかずがないのである。

しょうがないから、レトルトのミートソースをスパゲティにかけずに米にかけて食べた。
汁ナイトでやった事をまたやっている。

最初はうまかったけど後半とても気持ち悪くなった。
カレーライスも言わば汁ごはんだというのにそこまで気持ち悪くはならないのは何でだ。

ミートソースとかは自然淘汰なのか。明日はもうちょっとまともなものを食べたい
posted by 石田マギー at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

汁ナイト

Webやぎの目の林さん主催のイベント、「汁ナイト」に行ってきた。
入口でライスと、小さな容器に入った汁を渡される。汁には番号が振ってあり、22番までの中から二つ適当にもらう。

で、それを各自ご飯にかけて食べるのだ。僕が引いたのはデミグラスソースとアメリカンソース。デミソースは普通にいけたが、アメリカンソースやばい。甲殻類の匂いの嫌な部分を全て結集したかのような臭み。最悪であった。

あといろいろと面白かった。ヨシダプロがゲストで来てたのだが、ホームページとは真逆と言っていいようなテンションの低さであった。面白かったけど。
posted by 石田マギー at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットアイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

アイドルだけど就活はする

とある会社のセミナーに行ってきた。
そこの商品なんかを展示して見たりさわったりでき、社員の人もいて、その商品に関する説明なども受けられるというものだった。

で、最後に代表の人の挨拶というのがあって、さっきまで商品を見ている学生に説明をしてくれていた人がお話をしてくださったのだが。

何だか頭頂部の質感がおかしい。何となくだけどすごい違和感がある。
と思って顔をよく見たら、生え際もおかしい。前髪は分けているのに生え際がない感じ。

これはカツラだろう。

カツラをかぶっているというのに何の後ろめたさも感じさせず話をなさるその人。
何でそんなに一点の曇りもないのだ。カツラなのに。

僕なら即カムアウトしてしまいそうだ。カツラに対するコンプレックスとかはないのか。
それともカツラだろうとも関係なく朗らかに振舞える強い精神力を持っているって事か。

と思ったけどカツラのおかげで明るくなったっていう事も考えられるんだな。
ただ、初対面だとびびる。カツラ。先に言ってくれたほうがよほど気が楽だ。

生え際ばっか見てたので話の内容は覚えていない。
posted by 石田マギー at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

古田の理論

ヤクルトの古田選手が2000本安打を達成した。テレビ朝日のGet SPORTSで古田の打撃理論を本人が語っていた。

最初はカウントの話。要するにピッチャーインザホールに持っていく技術である。甘い球が来ればノーストライクからでも積極的に打ってくるというイメージをバッテリーに植え付け、確実に仕留める技術を持っていれば、ピッチャーは簡単にファーストストライクを取れなくなる。ストライクを投げるにしても際どいところに投げたくなるから外れやすい。こうしてノーストライク、ワンストライクでボールの方が多いという状況で勝負するのである。

次はコースの見極めである。投げる前からピッチャーのリリースポイントのあたりを見て、そこから自分のインコースぎりぎりまでのラインを引く。外角にも同じラインをつくり、細い扇形のような面、本人はボウリングのレーンと表現していたが、を作り早い段階でコースを判断する。
この理論は僕はかなり前から実践していたのでとてもよくわかる。古田と比べるとはるかに低いレベルではあるが、少なくとも選球眼はよくなる。僕はさらに仕留めるところまではいかなかったが、この発想でボール球を振るのが減ってフォアボールが格段に増えた。結果打率も上がったわけである。

三番目がすごい。
バッターは大きく分けると松井型とイチロー型に分けられる。松井型というのは体の回転でボールを打つ。踏み込んで前に移動した体重を、地面からの反作用で後ろに戻しながら、その反作用(というかこの場合は運動量保存)でヘッドを前に返す。そのためインパクトの瞬間にヘッドスピードが上がりボールが遠くへ飛ぶ。その代わりバットの面(要するにグリップとヘッドを結んだラインが投手と捕手を結んだ線に垂直になる状態)を維持できる時間が短い。つまり「点で」捕らえるバッティングである。確率は下がるが長打が出やすいバッティングである。

逆にイチローは体の回転を抑えて体重移動で打つ。体を前に投げ出すように平行移動させるため、バットの面が前を向いている時間が長くなってボールを捕らえるタイミングが幅広く取れるわけである。その代わりにヘッドスピードは松井型ほどには上がらず、長打は減るが率の高い打ち方になる。

これを古田はピッチャーによって使い分けていたというのである。普通はどちらかしかできない、或いはどっちつかずになってしまうのだが、ビデオを見ると確かにバットの面を維持したまま前に放り出すような打ち方をしている打席と、パシッと引っぱたくようにヘッドを返している打席がある。すごい。

イチロー型で打つコツは、イチローのモノマネをして見るのが一番良い。体をあまり回さず、軸足から前足へ体重を移動しながら、バットのヘッドを返さないで打つ。バットのヘッドを返さないためには、グリップエンドをピッチャーにぶつけるつもりで振ればよい。ヘッドの重みでバットは自然と面を作り、そのまま前に動く。耐えられなくなったら手首の力を抜いてヘッドを返せばいい。
イチローが高い打率を維持しながら長打を打てるようになったのは、ヘッドを返すタイミングを覚えたからではないかと思う。面を維持しておいて、打つ瞬間にのみヘッドを返すことができれば率を下げずに飛距離を伸ばす事ができる。イチローぐらいにしかできない事だろうけど。普通の人はヘッドを返さずに打とうと思えば最初から限界までヘッドを返さず、自然と手首が返る瞬間にボールが当たったときにのみ長打が出るのではないだろうか。

松井型を実践するためには、投手側の足を強く、地面から跳ね返るぐらい踏み込んで、その力で体重を後ろに戻しながら、背骨を軸にして回転する。バットはイチロー型と同じようにグリップエンドから出し、体重が軸足に返ってくる瞬間にヘッドを返せばよい。これでずいぶんスムーズにバットが返るはずである。しかし打つタイミングの幅がせまくなっている事も実感できると思う。
posted by 石田マギー at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | アイドルなのにテレビに出ない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

殺生

ずいぶん前にヒメマルカツオブシムシを部屋で発見したのだが、一昨日部屋を飛び回っている虫がいたのでハエだと思って捕まえたというかキャッチしてつぶしてやろうと思ったらちゃんとキャッチできず、手にくっついていたのはそのヒメマルカツオブシムシであった。
何とまあ自由自在に飛び回っていたことか。甲虫類としては類稀なる飛行能力であろう。
まあそんな事はどうでもよい。前に見つけてからどこにいるのか、とか服を食われたらどうしようなどとと不安な日々を送っていたのである。防虫剤を買えばいいだけの話なんだが。

そこでこれまでの積年の恨みを晴らすことにした。というかこういう小さい虫を捕まえるとガス攻撃に出るヘキがあるのかもしれない。
昔、部屋の中を飛んでいた蚊を透明ケースで捕獲し、小さなすき間からアースノーマットを入れた事がある。蚊は徐々に弱っていき、最後はふらふらになっていた。虫なのに千鳥足。その後天に召されたはず。あんまり覚えてないけど。

さて今回は大人のツール煙責めである。捕まえたヒメマルカツオブシムシは、普段は素早く移動できない。甲虫類で敵から逃げるために反射神経的な飛行能力を使う虫ってあまりいない。ハンミョウぐらいか。あれもジャンプに近いけど。
というわけで一度捕まえてしまったヒメマルカツオブシムシは逃げる心配が少ないので落ち着いてガチャガチャのカプセルに閉じ込める。
上手い具合に穴が上下3つか4つずつあいているのでガムテープで1つを残して全部ふさいだ。

さてさてここで煙草に点火である。うちの父親が学生の頃は高級品だったというピースの煙を口に含む。この煙がこれからカプセルに充満するのだ。ヒメマルカツオブシムシもさぞ幸せであろう。
煙を穴から煙を吹き込み、穴をガムテでふさいでしばらくしてから中の様子を観察する。おお、ぐったりしている。もう絶命したのか、と思って寝た。
で、昨日見たら普通にカプセルの中で歩き回っているではないか。なんという生命力。

さらに煙責めにする。昨日よりもさらにだ。昨日はかなり適当に煙を吹き込んでいたのだが今度は本気である。口をカプセルの穴にぴったりつけて、中が真っ白になって全く見えなくなるまで煙を吹き込んだ。これでどうだ。

これはかなり効いたようだ。2回で動かなくなった。カプセルの内側が黄ばんでいる。
何かかなり残酷な描写になってしまった。小学生がやってる事を文章化するとしゃれにならないな。あと22ににもなってやってるからか。僕が何か犯罪を犯して捕まったらこの文章が公開されるのだろう。
posted by 石田マギー at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

風邪

一昨日の雨に少し濡れたのと、寒さに晒され続けた(まあ室内なんだけど)ので火曜はゼミがあったけど風邪で休んでしまった。
治療に専念したのもあって今日は動けたが、学校に行って昼まで授業を受けてしんどくなって帰ってしまった。
鼻が詰まってるし喉の調子もよくないので煙草を吸ってもうまくない。何とかならないものか。
まだ完治の気配はない。
posted by 石田マギー at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

明日はリッチーの誕生日

日テレの新番組「ミンナのテレビ」をチラ見した、っていうか今やってるんだけども。
何がやりたいのかよくわからない散漫な番組というか基本的には夜もヒッパレを踏襲した感じに見える。まあどうでもいい番組ではあるが、B'zが出るらしいのでその部分だけチェックしようとチラ見していたわけだ。どうやら今から始まるらしい。

で、B'zの二人がもしミュージシャンになってなかったら(稲場は数学教師、松本は楽器屋)というコントがあったのだがとても面白かった。
あと久しぶりにテレビでB'zを見て、顔がアップにもなったのだが、なんかすごい老けていた。
まあ両方40過ぎ。50前か。世間では中年と呼ばれる年齢である。
それにしてもテレビのためのライブということでリハーサル会場での演奏をやっててなんか面白かった。音とかも。

あと、夜もヒッパレっぽく、四月という事で学園ソングを色んなB級タレントがかわるがわるメドレーで歌ってたりもして、まあそこはそんなに重要ではなく、同じように今週誕生日の有名人特集という感じで今週誕生日の色んなミュージシャンの曲をまたメドレーしていた。

その中で4月14日生まれでリッチーブラックモア。テレビ的に全く有名じゃないのに何でだ。うれしかったけど。で、曲のほうはSmoke On The Waterのリフだけだった。まあよい。
そのときバンドのギタリストが使っていたギターはギブソンの335だったように見える。はっきり確認できなかったが。
リッチーが代名詞となるストラトキャスターに持ち替える前に使っていたタイプのギターである。因果。
posted by 石田マギー at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルなのにテレビに出ない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

4月

ここ数日とても天気がよく気温が高い。
昼間に外に出ると暑い。気温が上がっていくときの匂いである。
この匂いは理由もなく心浮き立つ。夜になって冷たい風が吹いてもむしろ匂いは強くなる感じがする。

すでに夏の夜を連想させる匂いである。
心浮き立つとは言っても特に何をしようと思うわけでもないが。ただただ散歩がしたくなるだけである。
上野公園は池も木もあるのでとてもいい気分になる。花見もいいが単なる散歩にも行きたい。
posted by 石田マギー at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

花見オカマ

花見をした。研究室のみなさんと。
で、先輩の友人だという人が来たのだが、高校時代男子校にも関わらずファンクラブが二つもできた人らしい。男にモテモテ。
何度も男に、「男でもいいので付き合って下さい」告白されたらしい。

で、来る前から「オカマっぽい」という事は聞いていたのだが、オカマっぽいどころではなかった。完全にオカマ。
顔立ちは整っていた。T.M.Revolution西川貴教にちょっと似ててオカマっぽいわけだ。で男子校でモテモテ。

どのくらいオカマかというと、最初は遠慮していたのか素面だとこんなもんなのかわからないがちょっと仕草がオカマっぽいという程度だったのだが、酒が進むと佐藤珠緒のようになっていた。
会話や動きは佐藤珠緒で顔はT.M.Revolution。まあ面白かった。それにしてもナチュラルにこういう人って初めて見た。
「わかんな〜い」と言ったときに佐藤珠緒指数がマックスであった。ほぼ完コピ。

あと他にも色々あったけどめんどくさいので書かない。
posted by 石田マギー at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

それは私のおいなりさんだ

学校。コイヘルペスに関する論文を和訳する作業にかかった。
何で日本人が日本のコイの大量死に関する論文を書いてるのに英語なのだ。とても納得がいかない。

明日は研究室のみなさんで花見をするので、それに備えて餃子といなり寿司をみんなで作った。
餃子はタネのみ。明日現地で巻いて焼くというエキサイティングな状態になる予定。
いなり寿司はなかなかうまくできた。眠い。
posted by 石田マギー at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル気取り・恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

たけし軍団

いまフジテレビでビートたけしと志村けんのお笑い番組をやっている。
ものすごく希少価値のある組み合わせだというのが最大の売りなのだろうが、チラっと見たかぎり、かなり触れてはいけない領域に触れた番組だと思う。

要するに志村もたけしも過去の人だという部分だ。一応この年でも第一線でやっているという「建前」を全て崩壊させる番組。フジが志村とたけしに引導を渡そうとしているのか。
この21世紀に「だいじょぶだぁ」みたいなコント。

あと、井上和香がたけし軍団とともに出てるんだが、上島竜平よりもたけし軍団に溶け込んでいる。何でだろう。
posted by 石田マギー at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドルなのにテレビに出ない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校

学校に行った。卒論はコイヘルペスのことをやろうと思っているので、その論文を読んだりダラダラと過ごした。
あとは来週から始まる授業の時間割を決めた。
posted by 石田マギー at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り・恋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

涙ながらに

友人がギターを買うのに付き合えというので一緒に行った。渋谷の楽器屋をいろいろ回った。
で、買ったギターを早速弾いてみたいという事でそのあと羽根木公園へ。僕もギターを持っていった。

で、花見客のたくさんいる羽根木公園で花見客のいないところで弾き語り。テニスをしている人に迷惑をかけた。

1時間ぐらいやって寒いので帰った。
posted by 石田マギー at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。