2006年02月21日

脱・ゴミ屋敷

うちの部屋は衣類や細かいゴミが大量に散らばっていて、それはもう足の踏み場もなく、まさにゴミ屋敷の様相を呈していたのだが、一念発起して片付けることにした。
久しぶりにベッドを組み立て、ゴミもガンガン捨てる。

非常にすっきりした。とはいえ「よく片付いたきれいな部屋」には程遠いが。
これからは散らからないように気をつけたい。って片付けるたびに思うんだけどもいつの間にか散らかっている。
posted by 石田マギー at 08:49| Comment(1) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ギトギト

うちの近所にあった、ギトギトな上にニンニク入れ放題のラーメン屋がつぶれてしまった(改装工事のようなことをやっているが、別の店になるのだろう)ので、最近ギトギトラーメンにが欠乏していたのだが、朝からバイト先の先輩に教えてもらったラーメン屋に行ってきた。

僕はネギ(白髪じゃなくて輪切りのやつ)やニンニクが大好きで、ネギラーメンがある店では必ずネギラーメンを食べるし、ニンニク入れ放題の店ではアホほど入れる。

ネギとかタマネギとかニンニクとか、匂いのきつい球根ぽい物に最近飢えていたので、早朝にもかかわらず原付に乗って行った。

千駄ヶ谷のホープ軒。聞いていた通りのギトギトぶり。しかもネギとニンニク入れ放題である。天国。大盛りラーメンを頼んでネギとニンニクをアホほど入れて食べた。

帰ってきて風呂に入り、11時くらいからちょっと寝てさっき起きたのだが、まだ息がニンニク臭い。ハッピー。近所にできればいいのに。
posted by 石田マギー at 13:52| Comment(3) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近読んだ本

「東海道戦争」
筒井康隆の処女作である「東海道戦争」を読んだ。表題作を含む短編集で、テンポよく場面が転換し、話の進んでいく様は過去に読んだ筒井作品と同じであったが、登場人物の心に対する描写が多いところが今までに読んだものと違うと思った。
そのおかげでいわゆる「感動」というものをしてしまった。決して単純なハッピーエンドに対するカタルシスとしての感動ではなく、心揺さぶられるという意味で。

「打つ―掛布雅之の野球花伝書」
この本を初めて読んだのは確か高校生の時で、僕は野球部ではなく柔道部にいた。
でも野球は大好きだったため昼休みに毎日のように遊びでやっていたのだが、その時に読んで感動した本である。
大学に入って野球のサークルに入り、練習や試合をちゃんとやるようになってからも、この本はものすごく役に立った。
もはやサークルは引退してしまい、これからどれだけ野球ができるかはわからないのだが、この本を読むとものすごく野球をしたくなる。
この本は著者と掛布氏の対談形式になっているのだが、掛布氏の発言は非常にわかりやすい。感覚的なものを説明しつつアマチュアにも想像ができるような言葉になっている。僕はサークルの中では割と打つのは得意なほうであったが、かなりの部分がこの本のおかげだと思う。


東海道戦争
筒井康隆






打つ―掛布雅之の野球花伝書

矢島 裕紀彦 (著)
posted by 石田マギー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取りで本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

スキー

木曜の夜から金曜の夜までスキーに行った。
木曜は学校が終わって昼過ぎからバイト。基本的にバイトの終わり時間は決まっていなくてキリがいいところで帰るという風にしているのだが、遊びに行く日に仕事など入れるものではないなと思った。いつ脱出するかばかり考えてしまう。

で、深夜に学校に集まったあと、予約していたレンタカーを借りて出発。
万座スキー場というところに行った。
スキーは中二くらいから受験のときを除いてほぼ毎年行っているのだが、ある程度のところから上達がストップしている。滑り終わる頃に新たな進歩のためのポイントを発見するのだが、帰って翌年また来ると、同じポイントを発見するまでに旅行が終わってしまう。

今年の(というか毎年これを発見している気がする)発見は、「ストックは前に向ける」という事である。正しい教育を受けていないので間違っているかもしれないが、とりあえず自分にとってはそこがポイントに思えた。もし来年行くことがあっても忘れてる気がするが。

で、草津の温泉に入って帰ってきた。信じられない気持ちよさ。露天風呂もあって最高であった。雪を見ながら温泉。

でも基本的には寝不足が甚だしい状態での旅行であったので、帰ってきてから死んだように眠った。あと帰りに寄った焼肉屋でにんにくを大量に接種したのでずっとにんにく臭かった。
でもにんにくが好きすぎるのでしょうがない。

一緒に行った友人達とは常に楽しい会話が繰り広げられ続け、全く楽しくてしょうがない時間を過ごしたわけだが、会話に参加した友人の個性に関する話や会話の流れにまで言及しないと書けない(要するに要約できない)ので書かない。
要するに要約できないってのが何か矛盾してる感じで面白い。矛盾はしてないんだけど。そこは要約するのかよ、という感じで。
posted by 石田マギー at 04:07| Comment(4) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。