2005年08月02日

携帯からテスト

image/butayarou-2005-08-02T18:59:57-1.jpg原付を買ったよ
posted by 石田マギー at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

氷冷(してないけど)

パソコンを長時間つけっぱなしにしているとかなりの熱を発するようになる。
ノートパソコンって冷却ファンは付いてるんだけど、吸気口が底面にあって通気性が悪い上に机自体がパソコンの熱で温まっているので熱風をかき回しているだけである。ものすごく冷却効率が悪い。

そこでパソコンの下にプラスチックの箱を置き、その中に氷を入れてみた。

明らかに動作が軽快になっている。やっぱりあんまり温度が上がると重くなるのだと思う。
で、氷は箱に水がたくさんたまって鬱陶しいので冷却材を買ってきた。ビニールに入ってて、凍らせるゲル状のやつ。

これ使い出してからパソコンが熱くなる事が殆どなくなった。あと体感的にも明らかに軽くなっている。前はブラウザとメッセンジャ開いてるだけで、もうウィンドウを切り替えるたびにその新しいウィンドウが真っ白になってしばらくしてから描画されるって事が頻繁に起こってたけど、下にケース入れてからは殆ど起こっていない。すごい。
でも水蒸気が怖い。冷却材は袋に入ってるけど、結露した水が下にたくさんたまっている。いつかサビて壊れるかもしれない。しかし今の軽快さはそんな事には目をつぶりたくなるほど快適なのでこのままでいきます。
posted by 石田マギー at 21:09| Comment(3) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

自己愛丸出し恥ずかしい

何があったのかしらんがいつの間にか「自分は面白い」という自己認識を持っているらしき人間を大学に入ってからよく見かける。非常に鬱陶しい。
そういう人は大体「フリ」とか「ボケ」とかいう用語を使いたがり、そして実際にフったりボケたりする。
プチ大喜利状態。そしてオチだのツッコミだのとうれしそうにお笑い用語をしたり顔で使いまくっている。
そして意識的に「笑いを取って」いる。鬱陶しい。つまらないし。そうして出る発言の殆どは本当につまらない。まあそういう事言ってる人たち同士で「今のはイマイチ」とか「フリが悪いね」とか言ったりしてるんだけど。ゴルフでもしてんのか。「ナイスショット」とか言ってるのと同じ。
そんなもの評価したりされたりするのはお笑い芸人だけでいい。こういう人ってまた自分が「身内内芸人」みたいな認識を持っててタチが悪いんだけど。
そうしてそういう人たちが集まってゲラゲラ笑っている発言のつまらないこと。沸点低すぎだろう。イマイチもクソもない。

で、二言目には「俺って毒舌だから」あるいは「俺の趣味って妄想だから」だ。前者は口には出さずにそれをほのめかすだけのときもよくあるけど。あと、稀に「俺は面白い」とか「俺が面白いこと言ってるのに云々」などと言う馬鹿がいる。

mixiに毒舌ぢゃなく素直なんです♪ってコミュニティがあって、これが「ほのめかす」人々の代表だろう。
これも結局口に出して言ってるのと同じである。自分で自分を毒舌と言ってしまう自己相対化意識の欠如を、他人によく言われる事をほのめかして補う。「毒舌なんです」なんて言っちゃうよりはマシかもしれないけど、ワンクッション置いてさらにそのアピールを強固にしようとしてる分よりタチが悪い。「俺の発言ってどこでもバカウケなんです」と言ってるのと同じだろうに。

結局「俺って面白いんだ」と言っている事に変わりはない。2903人もこのコミュニティに参加している。それはもう没個性のレベルだろう。つまり平凡。面白くも何ともない。
「自分は個性的」とアピールするブーム。である。ブームに乗ってる時点で個性もクソもない事に気付け。本当に個性があればブームを作っているか、誰も真似できないことをしている。

お笑いブームって、お笑い芸人がテレビに出てくるのがブームだと思ってたけど、お笑い芸人の真似ごとをするのがブームなのか。単に若者と呼ばれる人々の習性なのかよくわからないけど、非常に気持ち悪い。哲学ブームでも来ればいいのに。
みんな「人間とは」とか「世界とは」とか「なぜ生きるのか」とか暇さえあれば考えて、飲み会でも徹底的に議論すればいい。
posted by 石田マギー at 06:15| Comment(6) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

歯が痛い

なんか急に歯が痛くなった。上の歯の左側の真ん中辺の歯。
ここ数日毎日のように、シャーベット状に冷凍したコーラを風呂上りに食べてから寝てるからだろうか。(「コーラを凍らせた」とは言いたくない。予期せぬダジャレみたいになるから。まあ書いちゃってるんだけど)

それにしてもこんなに急に来るものなのか、虫歯って。もっとこうジワジワと痛み始めて歯医者を先延ばしにしてるうちにしゃれにならなくなるってのを想像していたのだが。
まあまだ虫歯と決まったわけじゃないんだけど。体のどこかが唐突に痛くなったり痛みがおさまったりするのはよくある。少なくとも僕は。

あと僕は歯医者が全然怖くない。みんな何であんなに怖がるのかわからない。
小学校の時に行ってしかもあんまり怖くなかったのだが、それ以来行ったことがないからだろうか。
しかし頻繁に行ってる人は慣れそうなもんだが。

あとアメリカ人とかイギリス人とか中国人とかインド人も歯医者が怖いのだろうか。
日本だけか。これだけ怖がられてる職業ってほかにヤクザくらいなもんだろう。歯医者すげえ。
posted by 石田マギー at 01:31| Comment(5) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

女子高生

さてこの時期どうも高校生がテストのようで、ちょっと用事で昼間に渋谷を歩いていたら高校生がたくさんいた。テスト期間なので学校が早く終わるのだろう。

女子高生という存在は嫌いでないが、テストが終わるや否や渋谷に繰り出すような女子高生に興味はない。明日もテストだろう。勉強しろ。
僕が高校の頃勉強したかというとそうでもないんだけど。しかし学校が終わった途端遊びに行ったりはせずに家に帰って熟睡し、徹夜で勉強するふりをした。どっちもどっちかむしろ僕のほうが遊びすらしてないという点でどうしようもない気がした。もっとみなさん渋谷に繰り出しまくるといい。そして夜通し踊り狂え。そして補導されてしまえ。

結局僕は自分が高校時代にできなかった事を謳歌する人々へのジェラシーに囚われているのだと思う。
高校時代に満足しないわけでもないが、もっとチャラチャラと過ごしてもよかったとも思う。
posted by 石田マギー at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

鳩ラグビー

学科のOB会があった。
そのあと学校の休憩所みたいな部屋で別の研究室の方々と酒の殆どない二次会みたいな事をしたのだが、そこで友人が、鳩を捕まえたいと言った。

鳩を捕まえたら、羽根をしばってラグビーをすればさぞかし面白いであろう。鳩とラグビーボールは似ていると思った。というか、言った。

しかしちょっと考えてみればわかるが、鳩が面白いんじゃなくて、ラグビーが面白いのだ。
横縞のシャツを着た男たちが、何かを抱えて走る。
ボール以外だと、目的というかストーリーが生まれて面白い。

鳩以外には、トイレットペーパーやハムが面白いと思う。

と思ったけど、筒井康隆の小説に忍者と城の守衛が、殿様の首を奪い合ってラグビーをする話があった。無意識にパクリ。いま気付いた。
posted by 石田マギー at 02:06| Comment(1) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

寝不足

きのうは早く寝ようと思って22時に寝たら暑くて1時間ぐらいで目が覚めた。そのあと寝ようとするものの寝付けず、結局ダラダラと3時半ぐらいまで過ごした。でもちゃんと朝起きて学校に行った。えらい。
しかし眠かった。オーストラリアン留学生の英語による遺伝子祭りがこの月曜から毎日続いてるのだが、今日は寝そうになった。
英語ですごい勢いで怒られたりしたら恐怖のあまり失禁してしまうかもしれない。何とか寝ずに済んだけど。

うちの食堂はおかずとご飯を別にオーダーできるので米を家で炊いて持っていくことにより多少なりとも節約になれば、と思っているのだが、その米が入ったタッパーを学校に忘れてきてしまった。
帰りにスペアをダイソーで購入。いま学校にあるやつはフタをしたままレンジには入れるな、と注意書きがあり、それを無視してレンジに入れるとフタが異常なやわらかさになるのだが、今日買ったのはフタごとレンジOKである。これからはこっちが主力になると思われる。

あと結局研究室のTシャツを買うことになってしまった。寄生虫がでっかく描かれているという何とも末期的なTシャツである。
しかし家や学校のみで着ているうちは真に末期的とはいえない。なぜなら知人同士、或いは自分しかいないという安心感に守られているからである。着る以上は渋谷のセンター街を闊歩するくらいでないといけない。まあ大したことないんだけど。
葛西臨海公園か目黒寄生虫館にでもいくのがなかなか調子に乗った感じでいいかもしれない。
posted by 石田マギー at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

金魚金魚

こないだ行った金魚坂がとてもいいところだったのでテンプレートを金魚に戻した。
むかし実家では金魚を飼っていて、それはもう大好きだったし、今でも金魚は好きなのだが、水産という学科の都合上金魚を虐待する事が多かった。これからはもうないとは思うが。

採血は15匹ぐらいした。しかもそのうち4匹は学習のためではなく、コイヘルペスのサンプリングに行ったとき困らないように練習のために採血したのである。懺悔。
しかし4匹のうち2匹は上手に採血したので死なせずに水槽で飼うことにした。
といっても僕はあまり行かない部屋に水槽があるので実質放置である。

この間3年生の実験で使った金魚は80匹。30匹ぐらいは採血途中に死んだ。3年生は初めての採血だったので生きたまま採血するのは難しかったであろう。

でもこの金魚、たくさん生きたやつがあっても収納するところがないのだが、殺すのもどうかという感じでせまい水槽に押し込めた。これはこれで可哀想だがしょうがない。研究に使う人でもいればもう少しましな待遇になったのだろうが。

実験の都合上、生きたまま採血しないといけないことがあって、麻酔なしでの採血もした。いや一応麻酔薬を溶かした水に入れるのだが効き始める前に出して採血してしまう。あんまり漬けてると本当に死んでしまうし、時間の都合もあるからだ。
まあ霞ヶ浦のコイなんかは麻酔なしで採血も解剖もしちゃうんだけど。心が痛む余裕はまだない。採血はだいぶうまくなったが解剖はまだ素早くできない。

動物が好きで獣医になる人もいるのだろうけど、よく似たものである。マウスを解剖したり変な薬を注射するわけだ。
好きであるが故にその対象に残酷な行為を働く。皮肉である。

あんな可愛い動物を解剖なんてできないから獣医にはならないというか、可愛い動物を救うためにしょうがないと受け入れるか、どちらが動物や魚を愛しているかというのはよくわからないけど。人それぞれか。
まあとりあえず獣医になったり魚を解剖したりする人間というのは目の前の惨事はこれからのためだと割り切れる人間じゃないと厳しいかもしれない。最大多数の最大幸福。とはいえ魚は実験に使われる量に比べて資源としての量のほうがはるかに多いわけだが、獣医の場合はどうなのだろう。
マウスを一人何匹ぐらい殺しているのかわからないが、獣のペットなんて一人で何匹も飼っている人間はそういないわけだし、助けるペットの数よりも殺したマウスの数の方が多くなる事もあるかもしれない。まあ獣医になる人間の数がペットを飼っている数よりはるかに少ないというのはあるが、動物の命にも価値の違いがあるってことか。値段に関わらず。
posted by 石田マギー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(1) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

6月病

最近どうもだるい。6月も半ばだがこれは5月病の症状だ。学校の出席率とかがかなり適当になってきている。
何でいまさらこういう事になるかというと、5月にだらけるといかにも5月病って感じで癪だからだ。
で、5月はそこそこ頑張る。そして今だるい。はやく終われ6月。だるいのが治るかどうかは知らんが。
posted by 石田マギー at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

金魚坂

3年生が実験で使う金魚を買いに研究室の人たちと金魚坂という店に行った。

で、ここは喫茶店にもなっているのでコーヒー飲んでから行こうということになり喫茶店のほうに入店。

何と葉巻も吸える。というわけで4人のうちの僕ともう一人が挑戦。でかい木の箱にたくさんの葉巻が並べられてやってきた。でもどれもびっくりするぐらい高い。1本3000円とか。

で、しょうがないので一番安い700円のにした。箱を見ているとき、隣の席のおばさんが珍しがって写メールを撮りまくっていた。そのあともおばさんのカラミは続き、いろいろと話した。娘さんはダンスをやっていてこないだテレビに出たんだけど、オープニングでタイトルの文字がかぶって全然見えなかったとか、浜崎あゆみのバックダンサーのオーディションに行ったんだけど背が低くて採用されなかったとか、そんなの。

で、おばさんは僕らよりも一足先に帰った。そのあと僕らも出ようとしたら、なんとさっきのおばさんが僕らの会計まで払ってくれていたのだ。何という太っ腹。全然太ってなかったけど。
葉巻とコーヒーだけでもけっこうな額になるのに4人分も。ラッキーすぎ。
ただコーヒーとただ葉巻にありつけたわけである。
それにしても700円の葉巻はびっくりするぐらいうまかった。3000円のやつなんてどうなるのかとか想像つかない。

店の人が、こんなの吸いだしてハマると月に10万ぐらい飛んでいくから吸わないと行っていたのもわかる気がする。

そのあと9時すぎまで作業して帰りに友人が自販機で買った一本90円ぐらいの葉巻をもらって吸いながら御茶ノ水までだらだらと歩いた。これもうまかったがやはり700円にはかなわない。もしかして葉巻の味は値段に比例するのか。

結局、金魚坂には1時半過ぎに入って出たのは3時。至福の時を過ごした。おばさんありがとう。
posted by 石田マギー at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

早起き

通販で洗剤革命っていうすごい洗剤を売っててかなり欲しくなってしまった。
でも高いうえに買って大したことなかったらへこむのでとりあえず検索。グーグルって本当に便利だ。

すると食器洗い乾燥機用の洗剤と同じ成分である事が判明。値段10分の1ぐらいだった。ふざけやがって。

でもそっちは買った。風呂の汚れなどもものすごくとれるらしいので使ってみたけど大したことない。でもまあちょっとは汚れ取れた。でも8800円は高い。
買う人どれぐらいいるのか知らないけど、利用者の声として「すごいです」みたいなコメントを色んな人が言ってたけど、やられた人を映してるだけだと思うと可哀相だ。
posted by 石田マギー at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

ラメーン

土日は二日連続で夕食に家でラーメンを作った。
市販のラーメンスープは作らず自分でスープを作ったのだが、そこそこうまい。
作ったといっても、味覇という中華スープの素と、味噌と醤油を味見しながら混ぜただけである。
あとは袋詰めのもやしとゆで卵、刻みネギを入れた。

うまい。というか僕はラーメン屋になれるんじゃないだろうか。
結局はこんな程度のスープでも案外店で出されたらうまいうまいと食ってしまいそうである。

で、これだ。(犬にかぶらせろ!)下の方。

そもそもラーメン屋っていつからあんな饒舌になったんだろう。手書き文字の壁紙やメニューがなんやら偉そうに人生語ってて、店員は作務衣にバンダナというstyleでジコシュチョーしながら苦虫をかんでる。


けっきょくラーメン屋自身、大したモン作ってないという自信のなさの裏返しではないだろうか。所詮はラーメンなのに1000円とか平気で取るには、より自信ありげに見せるしかないのだと思う。というか人生語りたい人の自己愛か。
つまり、「この俺が苦労して作ったラーメンなんだから1000円でも安い」、みたいなの。オレ様主義だからプロモーションも偉そう。要するに自己満足に至るまでのボーダーラインがすごく低いのだと思う。

味覇と味噌と醤油ではさすがに偉そうに出来ないから、色んなものから出汁をとったスープになるのだと思う。
味と手間が比例するのなら、その比例係数はものすごくゼロにちかいものになると思う。要するに、グラフにするとほぼ水平。
こんな事言っててもラーメン屋には行くんだけど。
posted by 石田マギー at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

ギターオペ

こないだ友人の家に置いてあるギターを見たらひどい状態であった。
拾ったギターで、滅多に弾かないらしく、弦も切れっぱなしで非常に汚かった。

で、持ってかえってもうちょっとましな状態にする事にした。結果を気にせずいじれるギターをいじるのは楽しい。といってもそんなにハイリスクな事したわけじゃないけど。

まずサビだらけになったフレットとネジにクレ556をかけて磨く。緑青化していたフレットのサビはけっこう取れたが、ネジのほうはかなりサビがひどくてもう錆び取りオイルで磨いた程度ではとれない。しょうがない。

あとは全体をOra2で磨いた。歯磨き粉である。そのあとミントの匂いがなくなるまでからぶき。
最後に弦を張った。それにしても相当安いギターなのだろうか。捨てられてるぐらいだし。いろんなパーツがよく見ると安っぽい。構造としてちょっと問題あるんじゃないかという部分もあった。
posted by 石田マギー at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

ひとり汁ナイト

一日家にいた。今日は出かける予定があったのだが変更になったので。
元々は研究室のバーベキューがあり断っていたのだが、予定がキャンセルになった今、行ってみようかとも一瞬思ったけど昼過ぎに目覚めて非常に中途半端な時間になるのは目に見えていたのでやめた。

で、今日は一歩も家から出なかった。一食である。
うちは今食べ物が全然ない。米はあるがおかずがないのである。

しょうがないから、レトルトのミートソースをスパゲティにかけずに米にかけて食べた。
汁ナイトでやった事をまたやっている。

最初はうまかったけど後半とても気持ち悪くなった。
カレーライスも言わば汁ごはんだというのにそこまで気持ち悪くはならないのは何でだ。

ミートソースとかは自然淘汰なのか。明日はもうちょっとまともなものを食べたい
posted by 石田マギー at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

アイドルだけど就活はする

とある会社のセミナーに行ってきた。
そこの商品なんかを展示して見たりさわったりでき、社員の人もいて、その商品に関する説明なども受けられるというものだった。

で、最後に代表の人の挨拶というのがあって、さっきまで商品を見ている学生に説明をしてくれていた人がお話をしてくださったのだが。

何だか頭頂部の質感がおかしい。何となくだけどすごい違和感がある。
と思って顔をよく見たら、生え際もおかしい。前髪は分けているのに生え際がない感じ。

これはカツラだろう。

カツラをかぶっているというのに何の後ろめたさも感じさせず話をなさるその人。
何でそんなに一点の曇りもないのだ。カツラなのに。

僕なら即カムアウトしてしまいそうだ。カツラに対するコンプレックスとかはないのか。
それともカツラだろうとも関係なく朗らかに振舞える強い精神力を持っているって事か。

と思ったけどカツラのおかげで明るくなったっていう事も考えられるんだな。
ただ、初対面だとびびる。カツラ。先に言ってくれたほうがよほど気が楽だ。

生え際ばっか見てたので話の内容は覚えていない。
posted by 石田マギー at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

殺生

ずいぶん前にヒメマルカツオブシムシを部屋で発見したのだが、一昨日部屋を飛び回っている虫がいたのでハエだと思って捕まえたというかキャッチしてつぶしてやろうと思ったらちゃんとキャッチできず、手にくっついていたのはそのヒメマルカツオブシムシであった。
何とまあ自由自在に飛び回っていたことか。甲虫類としては類稀なる飛行能力であろう。
まあそんな事はどうでもよい。前に見つけてからどこにいるのか、とか服を食われたらどうしようなどとと不安な日々を送っていたのである。防虫剤を買えばいいだけの話なんだが。

そこでこれまでの積年の恨みを晴らすことにした。というかこういう小さい虫を捕まえるとガス攻撃に出るヘキがあるのかもしれない。
昔、部屋の中を飛んでいた蚊を透明ケースで捕獲し、小さなすき間からアースノーマットを入れた事がある。蚊は徐々に弱っていき、最後はふらふらになっていた。虫なのに千鳥足。その後天に召されたはず。あんまり覚えてないけど。

さて今回は大人のツール煙責めである。捕まえたヒメマルカツオブシムシは、普段は素早く移動できない。甲虫類で敵から逃げるために反射神経的な飛行能力を使う虫ってあまりいない。ハンミョウぐらいか。あれもジャンプに近いけど。
というわけで一度捕まえてしまったヒメマルカツオブシムシは逃げる心配が少ないので落ち着いてガチャガチャのカプセルに閉じ込める。
上手い具合に穴が上下3つか4つずつあいているのでガムテープで1つを残して全部ふさいだ。

さてさてここで煙草に点火である。うちの父親が学生の頃は高級品だったというピースの煙を口に含む。この煙がこれからカプセルに充満するのだ。ヒメマルカツオブシムシもさぞ幸せであろう。
煙を穴から煙を吹き込み、穴をガムテでふさいでしばらくしてから中の様子を観察する。おお、ぐったりしている。もう絶命したのか、と思って寝た。
で、昨日見たら普通にカプセルの中で歩き回っているではないか。なんという生命力。

さらに煙責めにする。昨日よりもさらにだ。昨日はかなり適当に煙を吹き込んでいたのだが今度は本気である。口をカプセルの穴にぴったりつけて、中が真っ白になって全く見えなくなるまで煙を吹き込んだ。これでどうだ。

これはかなり効いたようだ。2回で動かなくなった。カプセルの内側が黄ばんでいる。
何かかなり残酷な描写になってしまった。小学生がやってる事を文章化するとしゃれにならないな。あと22ににもなってやってるからか。僕が何か犯罪を犯して捕まったらこの文章が公開されるのだろう。
posted by 石田マギー at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

風邪

一昨日の雨に少し濡れたのと、寒さに晒され続けた(まあ室内なんだけど)ので火曜はゼミがあったけど風邪で休んでしまった。
治療に専念したのもあって今日は動けたが、学校に行って昼まで授業を受けてしんどくなって帰ってしまった。
鼻が詰まってるし喉の調子もよくないので煙草を吸ってもうまくない。何とかならないものか。
まだ完治の気配はない。
posted by 石田マギー at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

4月

ここ数日とても天気がよく気温が高い。
昼間に外に出ると暑い。気温が上がっていくときの匂いである。
この匂いは理由もなく心浮き立つ。夜になって冷たい風が吹いてもむしろ匂いは強くなる感じがする。

すでに夏の夜を連想させる匂いである。
心浮き立つとは言っても特に何をしようと思うわけでもないが。ただただ散歩がしたくなるだけである。
上野公園は池も木もあるのでとてもいい気分になる。花見もいいが単なる散歩にも行きたい。
posted by 石田マギー at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

花見オカマ

花見をした。研究室のみなさんと。
で、先輩の友人だという人が来たのだが、高校時代男子校にも関わらずファンクラブが二つもできた人らしい。男にモテモテ。
何度も男に、「男でもいいので付き合って下さい」告白されたらしい。

で、来る前から「オカマっぽい」という事は聞いていたのだが、オカマっぽいどころではなかった。完全にオカマ。
顔立ちは整っていた。T.M.Revolution西川貴教にちょっと似ててオカマっぽいわけだ。で男子校でモテモテ。

どのくらいオカマかというと、最初は遠慮していたのか素面だとこんなもんなのかわからないがちょっと仕草がオカマっぽいという程度だったのだが、酒が進むと佐藤珠緒のようになっていた。
会話や動きは佐藤珠緒で顔はT.M.Revolution。まあ面白かった。それにしてもナチュラルにこういう人って初めて見た。
「わかんな〜い」と言ったときに佐藤珠緒指数がマックスであった。ほぼ完コピ。

あと他にも色々あったけどめんどくさいので書かない。
posted by 石田マギー at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

涙ながらに

友人がギターを買うのに付き合えというので一緒に行った。渋谷の楽器屋をいろいろ回った。
で、買ったギターを早速弾いてみたいという事でそのあと羽根木公園へ。僕もギターを持っていった。

で、花見客のたくさんいる羽根木公園で花見客のいないところで弾き語り。テニスをしている人に迷惑をかけた。

1時間ぐらいやって寒いので帰った。
posted by 石田マギー at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル気取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。